Contact

NO2 KG680 Kimihurura, Kigali, Rwanda

​​Tel: +250-781403829

info@kisekirwanda.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon
  • Black Google+ Icon
​お問い合わせフォーム

​KISEKIへのご質問はこちらから

※送信後2日以内には、必ずお返事いたします。ただ、メールセキュリティーの関係で”迷惑メール”としてこちらに届かない場合がございますので、2日経っても返事がこない場合は、お手数ですがinfo@kisekirwanda.comへ直接ご連絡下さい。

Google map

キガリ空港から、車で10分。
お越しになる時には、KISEKIレストランの前に、マンバクラブという有名な建物があるので、キミフルラのマンバクラブに行きたいと言って下さい。

© 2018 by Personal Life Coach. Proudly created with Wix.com

KISEKI 1週間ボランティアプログラム

将来長い休みがあったらいつか海外でボランティアしてみたい。

そんな”いつか”を1週間で叶えるプログラム。

​はじめに

ルワンダは1500mの高地のため年中小春日和で過ごしやすく、他のアフリカ諸国に比べると抜群に治安がよく、街は清潔でゴミ一つ落ちていません。1994年の大虐殺から急速な復興を遂げ、現在はICT立国として成長をし続けており、アフリカの奇跡とも言われています。

ルワンダのシングルマザー現地調査

首都キガリには農村部から職とより“よい暮らし”を求めて、兄弟、親戚、友人を頼って村人たちがやってきます。しかし職に就けず、満足な収入が得られないことがほとんどで、不法居住のスラム街で貧しい暮らしを送っています。

KISEKIボランティアプログラムではシングルマザーの雇用創出と生活向上を目指して活動していただきます。

​日本人常駐のKISEKIで日本人が日本語でフルサポートをするので安心です。

まずは“ママ”からスラム街での生活について話を聞き、実際にスラム街を視察、家庭訪問をして彼女たちの生活環境を知ります。

そこに住む子どもたちの中には学校に通えない子がいます。ごみをあさるストリートチルドレンもいます。

日銭を稼ぐ仕事をしている人がほとんどで、今日のごはん代を稼ぐための仕事をしていきます。1年後のことは考えません。 

スラムというと暗い、怖いというイメージがあるかもしれませんが、“ママ”たちはお互いに助け合いながら明るく強く暮らしています。

そんな“ママ”たちの生活を改善するためには、雇用を創出し、現金収入を得られるようにすることが必要です。

KISEKIでは地域のシングルマザーに雇用を創出するために、様々なビジネスや団体、プロジェクトとコラボレーションをしています。

また、日本のお客様とルワンダのママでアフリカの布を半分こしてドレスを作る『Dress For Two』プロジェクトに代表されるように、雇用に直接繋がらなくてもママたちに最高のハッピーを届けるプロジェクトもたくさん企画し実行しています。​

そこでこのボランティアでは、参加者の皆さんに

①“ママ”に雇用を創出するためのプロジェクト

②”ママ”たちの暮らしを豊かにハッピーにするプロジェクト

を考えて実行していただきます。

何をしたらいいかなんてわからないという方もご安心ください、KISEKIが全力でサポートします。

「与える」、「何かをしてあげる」ではなく、自分も学ぶんだ。という気持ちで来ていただけたらと思います。

渡航前の事前準備はもちろん、現地NGOや支援団体の紹介や視察などKISEKIが培った繋がりを最大限にご活用いただけます。

もちろん「せっかくルワンダに来るのだから」観光も可能です!KISEKIですべてアレンジします(別料金がかかります)!

1週間という短期間ですが、“ママ”や地域と向き合い、彼女が直面している問題や課題を知り、解決に向けてのアクションをすることができます。これまでチャンスもアイデアもなかった“ママ”にとっては生活改善に向けての大きな一歩を踏み出すこととなります。

途上国の貧困、国際開発に興味のある高校生、大学生、社会人にお薦めのプログラムです。

募集要項とプログラム内容

募集時期

通年 (但し4月を除く) 

参加期間
1週間~1カ月
 

参加条件

  • 健康な18歳以上の社会人、学生

  • 国際協力やアフリカでの生活に興味のある方

宿泊施設
KISEKIのドミトリー(1部屋1~4名利用) Wi-Fi、ホットシャワーなど完備。

参加費用

1週間(7泊) 500USD 

2週間(14泊) 1000USD

1ヶ月(30泊) 1500USD

*含まれるもの 

コーディネート費(日本語サポート、シングルマザーのアテンドなど)、3食(日曜のランチ・飲み物別)、訪問先のアレンジ、事前のビデオミーティング(1回)、空港への送迎、洗濯、キセキの高速wifi使い放題 

※キガリまでの往復航空券代は含まれません

【プログラム内容】

①シングルマザーの雇用を創出するプロジェクト

 例)

 ママ八百屋の販売、営業、マーケティング支援

 マッサージママの営業支援

 布ナプキンの製作、普及、販売

 キセキのガーデンでのマママーケット進出のための市場調査、商品開発、マーケティング支援
 パン、お菓子作りを教える

 

②ママの暮らしを豊かに幸せにするプロジェクト

 例)

 青空ネイルサロン、メイクアップサービス

 サッカー教室

 エアロビクスを教えて糖尿病予防

 

・期間中はシングルマザーがガイド、通訳としてご一緒します。ひとりの女性の暮らしをみること、ライフストーリーを聞くことで理解を深めることができます。

・渡航前の事前準備としてKISEKI日本人スタッフとのビデオ会議があります。(任意)

お申込み後の流れ

1週間の滞在を最高に楽しむためのKISEKIの事前準備お手伝い例

1週間という短い期間で満足いく活動をしていただくためにKISEKIの日本人スタッフが滞在中はもちろん、事前準備から、フォローアップまで日本語でサポートします。

渡航前:

①志望動機、経験したいこと、興味があることについて「ボランティア参加にあたってのお伺い」にご記入いただきご提出いただきます

②KISEKIからご希望に合った体験内容、スケジュールを提案などさせていただきます。

事前準備 過去の事例)スラムツアーをアップデートする

KISEKIでは観光客の方々がママの家訪問するツアー『Tour of Beauty』を行っています。これはボランティアプログラム参加者の方々がゼロから作りあげたツアーなんです。

(本ツアーは常にアップデート・パワーアップしたいので、このプログラムに取り組みたい方も大歓迎です)

①世界のスラムツアーについて調べる。
Slumming、Slum Tourismとして南アフリカ、ケニア、フィリピン、ブラジルなどで人気です。南アフリカでは観光客の3割以上がスラムツアーに参加する人気プログラムです。(Wikipedia参考)


【調べること】
・スラムツアーの名称:スラムという言葉はキャッチーですが、私たちはスラムというネガティブなイメージのある言葉を使わずにわかりやすく表現したいと思っています。
・スラムツアーの内容:世界で人気のあるツアーがどんなスケジュールで誰と何をしているのか調べます。成功モデルを模倣する、学ぶ、そこからアレンジしていくことが成功への近道です。
・主催者とスラム住人の関係:主催者は誰ですか?スラム住人はどのように関わっているのでしょうか。スラムの住人が主体となってツアーをしているところはありますか?
・お金:スラムツアーの参加料金はいくらですか?スラム住人への支払額、または何らかの見返りはツアーの参加料金に対して正当な額でしょうか。

・他のツアーが抱える問題点と対処法

②ルワンダのスラムについて調べる
【参考になる記事】
・ルワンダのスラムのはじまり:http://bit.ly/2Peufpp
・スラムの立ち退き:http://bit.ly/2D7QHsV
・VISIT Rwandaルワンダ観光について:https://www.visitrwanda.com/

 

③スラムツアーのラフ案を作る
ルワンダを訪れる観光客を対象に
KISEKIから歩いて5~10分のスラムに暮らすシングルマザーがマンツーマンでご案内する、

(1)1時間コース
(2)3時間コース

の2つを作る。

シングルマザーはもちろん、住人はスラムツアーを受け入れるのは初めての経験ですので、現地に来てから検証。
案は最低でも3つは考えること。(全部がボツになる可能性もあります!)
密集したスラムには地図も番地もないですが、だいたいみんなどこに誰が住んでいるか知っています。(訪れる範囲だけでも地図を作れたら最高です)

④現地での行動計画を作る
KISEKIから行動計画のベースは提案させていただいておりますが、自分のプロジェクトに合うようにアレンジをしてください。

スケジュール例
ルワンダの首都キガリで極貧生活を送るシングルマザーに雇用を生み出せ!

~ルワンダで一番魅力的な”スラム”訪問プログラムを作る~

subeki102.png

あなたからのお申し込みをお待ちしております。

1週間ボランティアプログラム申し込みフォーム

◇ボランティアプログラムフィードバック紹介◇​

~参加者からのご感想~

S.T さん

年齢 20

キセキを選んだ理由  女性の支援をする活動に興味があったため。また美緒さんの活動に刺激を感じたため。

滞在期間 10日間

活動内容 現地の女性に女性の身体の仕組みについて理解してもらうこと。

 

感想 

全てが初めて知ることばかりで、毎日が刺激的でした。日本に帰ってからも毎日ルワンダのことを考えています。ニュースなどでは知ることが出来ない現実的な問題を実際に目で見て、現地の方々と話して、これから私は何をすべきかと考えさせられました。また、たった10日間でしたが、今まで曖昧だった私のやりたいことをルワンダで見つめなおすのことができ、夢ができました。ルワンダの現地の方々、キセキのスタッフの方々はもちろんですが、夜中まで自分が感じたこと、「私たちに何ができるか」と語り合える同世代の仲間と出逢えました。皆やりたいことはバラバラでしたが、お互いに尊重し合い、アドバイスをし合い、私の最後のレクチャーも彼らに沢山助けてもらいました。私はレクチャーしか出来ませんでしたが、もっともっと勉強して、本当にシングルマザーの方々の支援を現実的にしに戻りたいです。

せいな さん

年齢 22

キセキを選んだ理由 

休学中アフリカに行くっということは決めていて、色々なボランティアを調べていました。そんな時たまたまキセキの募集を見つけて、オーナーさんがアフリカで国際協力をやるっと決めたきっかけをくださった山田耕平さんで、レストランの名前もキセキだしこれは奇跡だと思い直感で応募しました。笑

滞在期間 2ヶ月(2019年5月末~7月末)

活動内容 

Dress for Twoのアップデート
ベジママ(八百屋)のアップデート
Kiseki Song ビデオの撮影、編集

感想
私なんかに何かできるかなっと思っていましたが、実際現場を見ると出来ることがたくさんありました。
特にベジママに関わっていましたが、日々驚くようなことばかり起きて戸惑うこともありました。それでも少しでも改善できればと屋台の配置を変えたり値札をつけてみたり、、、。
もっとママ達のために売り上げを上げたい!っという私の思いとは裏腹にあまり向上心のないベジママ、、問題ばかりなのに、何を言ってもno problemと言われ頭を抱えることが多かったです。
それでも続けていると、自分たちからやるようになってくれたときは感激でした!ベジママのことは語りきれません。笑
反省点は、ルワンダのゆったりとした時間にはまってしまい、あまり行動できなかった事です。もっと2ヶ月で色々出来たのではっと後悔もあります。

キセキの魅力
・とにかく幸せになれる場所。
・こんなにも笑えることあるかなってくらい面白い人達。
・日本では絶対起きないようなことが日々起こる。
・色々なことを挑戦できて、日本人スタッフにもルワンダ人スタッフにもサポートしてもらえる。
・日本食がおいしい。(私のお気に入りはお好み焼きですね~)

茜 さん

年齢 21歳

キセキを選んだ理由
「知るだけで終わらない」
本当はルワンダを個人で観光するだけのつもりでしたが、KISEKIさんのボランティアを拝見し、知るだけではなく実際に何か行動に移させてもらえるという点に面白さを感じました。

滞在期間 2019/6/20~27

 

活動内容
・レストランスタッフへのインタビューとスタッフ紹介ポスター
・スラムツアー中のインタビューアクティビティ
・幼稚園での子ども達との交流

 

感想
キセキのボランティアは今までやってきたボランティアと一味違いました。「問い」をたてるというテーマが難しくもあり、行動の可能性は無限大であるという事を教えてくれました。自分で探さなければ何もやる事がないというボランティアはなかなか他では味わえません。私がやった事は米粒のような事でしたが、今まで受身だった自分にとってよい刺激となりました!

キセキの魅力
ママさん達とするスポーツタイムの時間!
そして、キセキに集まる日本人の方!アフリカで活動されてるだけあって、皆さん大らかで笑顔が素敵で自分の人生を歩んでいて幸せな出会いを頂けました!

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now