KISEKI 1週間から半年のボランティアプログラム

将来長い休みがあったらいつか海外でボランティアしてみたい。

アフリカで何かやってみたい。国際協力の現場に行ってみたい。

そんな”いつか””やってみたい”を1週間でいきなり叶えてしまうプログラムです。

語学力、資格、技術、経験は問いません。「アフリカの子どもかわいい!」という想いと「愛」があれば大丈夫!

imgrwanda20190929
imgrwanda20190929

press to zoom
P2620146
P2620146

press to zoom
スクリーンショット 2018-10-24 10.32.52
スクリーンショット 2018-10-24 10.32.52

press to zoom
imgrwanda20190929
imgrwanda20190929

press to zoom
1/7

​はじめに

ルワンダは1500mの高地のため年中小春日和で過ごしやすく、他のアフリカ諸国に比べると抜群に治安がよく、街は清潔でゴミ一つ落ちていません。1994年の大虐殺から急速な復興を遂げ、現在はICT立国として成長をし続けており、アフリカの奇跡とも言われています。

ruwanda-kesiki.png
ruwanda-place.png

ルワンダのシングルマザー現地調査

首都キガリには農村部から職とより“よい暮らし”を求めて、兄弟、親戚、友人を頼って村人たちがやってきます。しかし職に就けず、満足な収入が得られないことがほとんどで、不法居住のスラム街で貧しい暮らしを送っています。

KISEKIボランティアプログラムではまずはママたちが暮らすスラム街(地元の人は「Village=村」と呼びます。)を訪れ、見ること、知ることからはじまります。

土壁のトタン屋根の家がひしめき合う細い迷路のような斜面を歩きます。下水や埃いろんなものが入り混じったニオイ。薄暗い家の中から、鮮やかな布をまとったお母さんや制服を着た子どもたちが顔を出し挨拶をしてくれます。

ここに住む子どもたちの中には学校に通えない子がいます。レストランのゴミ箱から食べ物をあさる子もいます。

多くの親たちが日銭を稼ぐ仕事をしていて、今日のごはん代を稼ぐための仕事をしていきます。貯蓄も資産もなければ、1年後のことは考えません。 

しかしそんな中でも“ママ”たちはお互いに助け合いながら明るく強くたくましく暮らしています。

(※私たちはこの村を訪れるツアーを”Tour of Beauty”と名付けました)

P2620146.JPG
スクリーンショット 2018-10-24 10.32.52.png
P2620153.JPG

“ママ”たちの生活を改善するためには、雇用を創出し、現金収入を得られるようにすることが必要です。

「地域のお母さんが笑顔で暮らせるように」をコンセプトにKISEKIでは地域のシングルマザーに雇用を創出するために、様々なビジネスや団体、プロジェクトとコラボレーションをしています。

 

ママたちの子どもが通うコミュニティベースの幼稚園がボランティアの皆様の活動場所です。

​(2021年1月からは子ども食堂・妊産婦のワークショップと土曜日の食堂での活動も開始予定)

何をしたらいいかなんてわからないという方もご安心ください。

子どもたちと一緒に遊んでください。

子どもたちに寄り添ってください。

話をきいてください。

大家族に生まれた子や、貧困家庭で育った子、甘えたいのを我慢してきた子。

大人や外の人と関わる機会が、特にコロナ禍では極端に減ってしまい子どもたちもとても不安になっています。

子どもたちには温かい大人との触れ合いが今必要なのです。

「せっかくルワンダに来るのだから」もちろん観光も可能です!

国立公園訪問、コーヒー農園訪問、ジェノサイドメモリアル見学、ショッピング、アフリカ布でドレス作り…などなどおまかせください、KISEKIですべてアレンジします(別料金がかかります)!

P2620093.JPG

1週間という短期間ですが(1週間以上の滞在・活動ももちろん可能です)

KISEKIの経験や繋がりやリソースを最大限に活用いただくので「現場」に「いきなり」入り活動ができます。

自分で計画を立てて活動したい、得意分野を活かしたい、 KISEKIの数あるプロジェクトの改善に取り組んでみたい!何か自分で立ち上げたい!こんなことを調べてみたい。などの希望がありましたら、ぜひぜひご提案ください。

キセキに「NO」「アカン!」はありません。

日本人による日本語でのサポートがありますので語学力、海外渡航歴、学歴、職種、年齢、経験など不問です!

募集要項とプログラム内容

募集時期

通年  

参加期間
1週間~半年

 

参加条件

  • 健康な方(18歳以下の方には保護者の承諾書を提出いただきます)

  • 愛のある方

宿泊施設
KISEKIレジデンスのドミトリー(1部屋1~16名) Wi-Fi、ホットシャワーなど完備。

​オーナーの山田とスタッフが暮らしているので安心です。

参加費用

1週間(1~7泊) 500USD 

2週間(8~14泊) 1000USD

1ヶ月(15~30泊) 1500USD

​半年(180泊) 5000USD

*含まれるもの 

コーディネート費(日本語サポート、シングルマザーのアテンドなど)、3食(土日の食事・飲み物別)、空港への送迎、キセキの高速wifi使い放題、ルワンダでのPCRテスト予約と当日のお手伝い(PCR費用は自費で50ドル必要です) 

※キガリまでの往復航空券代は含まれません

※ルワンダ到着後のPCRテスト(60ドル)と隔離ホテル宿泊代(30ドル~)は含まれません。

お申込み後の流れ

滞在を最高の学びと経験にするために

1週間という短い期間で満足いく活動をしていただくためにKISEKIの日本人スタッフが滞在中はもちろん、事前準備から、フォローアップまで日本語でサポートします。

渡航前:

①参加動機、経験したいこと、興味があることについて「ボランティア参加にあたってのお伺い」にご記入いただきご提出いただきます

②KISEKIからご希望に合ったスケジュールを提案などさせていただきます。

​③コロナのPCR検査を出発の72時間以内に受けて英文の陰性証明をお持ちください(2021年11月11日現在)検査の要不要、タイミングは変更になる可能性があります。

Passenger Locator formに必要事項をご入力ください。

隔離ホテルをご予約ください。ホテルによる空港でのピックアップが必要なので、必ずメールでピックアップについての確認をするようにしてください。旅行サイトからの予約では隔離の意図が伝わらず空港送迎がアレンジされません。コロナのワクチンを2回接種された方は英文の証明書を提示することで到着後24時間のホテルでの隔離が免除されます。

subeki102.png

1週間ボランティアプログラム申し込みフォーム

お名前 *

メールアドレス *

電話番号 *

希望のプログラム

参加希望日数

性別 *

ご質問等ありましたらこちらにお書き下さい。

メッセージを送信しました

◇ボランティアプログラムフィードバック紹介◇​

~参加者からのご感想~

S.T さん

年齢 20

キセキを選んだ理由  女性の支援をする活動に興味があったため。また美緒さんの活動に刺激を感じたため。

滞在期間 10日間

活動内容 現地の女性に女性の身体の仕組みについて理解してもらうこと。

 

感想 

全てが初めて知ることばかりで、毎日が刺激的でした。日本に帰ってからも毎日ルワンダのことを考えています。ニュースなどでは知ることが出来ない現実的な問題を実際に目で見て、現地の方々と話して、これから私は何をすべきかと考えさせられました。また、たった10日間でしたが、今まで曖昧だった私のやりたいことをルワンダで見つめなおすのことができ、夢ができました。ルワンダの現地の方々、キセキのスタッフの方々はもちろんですが、夜中まで自分が感じたこと、「私たちに何ができるか」と語り合える同世代の仲間と出逢えました。皆やりたいことはバラバラでしたが、お互いに尊重し合い、アドバイスをし合い、私の最後のレクチャーも彼らに沢山助けてもらいました。私はレクチャーしか出来ませんでしたが、もっともっと勉強して、本当にシングルマザーの方々の支援を現実的にしに戻りたいです。

せいな さん

年齢 22

キセキを選んだ理由 

休学中アフリカに行くっということは決めていて、色々なボランティアを調べていました。そんな時たまたまキセキの募集を見つけて、オーナーさんがアフリカで国際協力をやるっと決めたきっかけをくださった山田耕平さんで、レストランの名前もキセキだしこれは奇跡だと思い直感で応募しました。笑

滞在期間 2ヶ月(2019年5月末~7月末)

活動内容 

Dress for Twoのアップデート
ベジママ(八百屋)のアップデート
Kiseki Song ビデオの撮影、編集

感想
私なんかに何かできるかなっと思っていましたが、実際現場を見ると出来ることがたくさんありました。
特にベジママに関わっていましたが、日々驚くようなことばかり起きて戸惑うこともありました。それでも少しでも改善できればと屋台の配置を変えたり値札をつけてみたり、、、。
もっとママ達のために売り上げを上げたい!っという私の思いとは裏腹にあまり向上心のないベジママ、、問題ばかりなのに、何を言ってもno problemと言われ頭を抱えることが多かったです。
それでも続けていると、自分たちからやるようになってくれたときは感激でした!ベジママのことは語りきれません。笑
反省点は、ルワンダのゆったりとした時間にはまってしまい、あまり行動できなかった事です。もっと2ヶ月で色々出来たのではっと後悔もあります。

キセキの魅力
・とにかく幸せになれる場所。
・こんなにも笑えることあるかなってくらい面白い人達。
・日本では絶対起きないようなことが日々起こる。
・色々なことを挑戦できて、日本人スタッフにもルワンダ人スタッフにもサポートしてもらえる。
・日本食がおいしい。(私のお気に入りはお好み焼きですね~)

茜 さん

年齢 21歳

キセキを選んだ理由
「知るだけで終わらない」
本当はルワンダを個人で観光するだけのつもりでしたが、KISEKIさんのボランティアを拝見し、知るだけではなく実際に何か行動に移させてもらえるという点に面白さを感じました。

滞在期間 2019/6/20~27

 

活動内容
・レストランスタッフへのインタビューとスタッフ紹介ポスター
・スラムツアー中のインタビューアクティビティ
・幼稚園での子ども達との交流

 

感想
キセキのボランティアは今までやってきたボランティアと一味違いました。「問い」をたてるというテーマが難しくもあり、行動の可能性は無限大であるという事を教えてくれました。自分で探さなければ何もやる事がないというボランティアはなかなか他では味わえません。私がやった事は米粒のような事でしたが、今まで受身だった自分にとってよい刺激となりました!

キセキの魅力
ママさん達とするスポーツタイムの時間!
そして、キセキに集まる日本人の方!アフリカで活動されてるだけあって、皆さん大らかで笑顔が素敵で自分の人生を歩んでいて幸せな出会いを頂けました!